好きな男性をデートに誘うには

好きな人がいるのに、ただ相手から誘って貰うのを待っていていいのですか?
その間にも、気になる彼に他の女性がアタックしてしまうかもしれませんよ。
今の女性なら、ただ待っているだけではだめなのです。
是非自分からデートに誘ってみてください。
女性の方からデートに誘われて、嫌がる男性はいませんよ。
さあ、勇気を出して頑張ってみましょう。

 

「今度のお休みにどこかに連れていってください」

彼と世間話をしている時に、お休みは何をしているかと言う話題になることがありますよね?
そんな時には「普段は出不精で、なかなかお休みの時も外に出ないんです。そうだ、今度のお休みにどこかに連れて行ってくれませんか?」
という具合に、話を持っていくのです。

 

もし彼がアウトドア派で、お休みの日は必ずどこかに出かけるようなら、なおさら言いやすいのではありませんか?
あくまで話の流れにそって、自然に軽くお願いするのが効果的です。

 

「父の日にプレゼントを買いたいのだけれど、付き合って貰えませんか?」

もし父の日がもう過ぎていたら、「父の誕生日」に置き換えてもいいでしょう。
とにかく身内の男性のプレゼントを買いにいくのに付き合ってもらう、というシチュエーションを作るのです。
これですと、彼の方もあまり構えずに付き合ってくれますよ。
もちろん、買いに行くだけでなく、その前後に一緒にお茶や食事も行けるかもしれませんしね。
そして、その後のフォローも大事です。
「この前選んで貰ったネクタイ、父にとても喜んで貰えました」などとお礼を言ってください。
彼の方もきっと悪い気はしませんよ。

 

「おわりに」

あまりストレートに「デートに誘う」のはなかなか恥ずかしいものですが、上記のような方法でしたら、自然に誘えるのではないでしょうか。
自然にさらっと誘えば、彼の方もあまり身構えずに来てくれるかもしれません。