あなたの彼に対する気持ち、それって恋かもしれません。

気になる彼がいるんだけど、今一つ自分の気持ちに自信が持てないってことありますよね。
ただの友達として好きなのか、恋になりかかっているのか。
まずはいまの自分の気持ちにしっかり向き合ってみることが必要です。

 

「彼に対してこんな気持ちがありますか?」

彼の姿を見るとなんか構いたくなって、用事が無くても話しかけてしまう。

 

自分のことをよく彼に知ってほしくて、聞かれてもいないのに、自分の話をしてしまう。

 

彼と一緒にいると、特別な理由はないのに安心できる。

 

彼が苦況に立っている時は、何とかして力になりたいと思っている。

 

知り合ってからそれほど月日は立っていないのに、彼のことなら信じられる気がする。

 

「もし上記のような気持ちがあるのなら・・・」

もうあなたもおわかりだと思いますが、チェックする項目が多ければ多いほど、間違いなくあなたは彼に恋をしています。
「好き」になるのに理由は要らないのです。
冷静に考えれば「これ」と言った理由がないのに、「信じられる」とか「安心できる」っておかしいと思いませんか?
理屈は抜きにそんな気持ちになってしまっている、というところがあなたが既に彼を好きになっている証拠なのです。

 

「これから先どうしたらいいでしょう」

自分の気持ちに気がついたところで、一歩前に踏み出してはいかがでしょうか?
これまでは「友達以上恋人未満」のような形で彼に接してきたかもしれませんが、思い切って「恋人」という選択もあるのではありませんか?

 

「おわりに」

これは、と思える異性との出会いなんて、人生でそうそうあるものではありません。
せっかくの出会いをムダにしないためにも、これまでの「タメ口、友達路線」から少し脱却して、彼に「恋愛対象としての女性」として見て貰いましょう。
彼も「こんな身近に素敵な人が居たんだ」と気がついてくれるかもしれません。