デートで食事の会計の際に「二度目はないな」と思われる女性とは

まだまだカップル間においては、デートの際には男性が女性に食事を驕ることが一般的となっています。
しかしだからといって全く気配りのない行動をする女性は次回のデートに誘って貰えなくなるでしょう。
デートのお会計の際に「二度目はないな」と思われる女性の行動パターンとは以下の通りです。

 

1. 驕って貰って当然とばかりにお礼を言わない

 

女性中には「デートしてあげたんだから」と代償としての驕りを期待する人もいます。
例えラーメン一杯でも嬉しそうに「ごちそうさま」と一言お礼を言えば、「またこの子と食事をしたいな」と思えるものです。
感謝の気持ちは別としても、御馳走してもらった「お礼」はきちんと言いましょう。

 

2.料理に文句を付ける

 

女性にありがちなのは、出てきた食べ物に対し色々と話題を振るつもりで結果文句をつけていることになってしまうというケースです。
「他のレストランの方が味では上」「もっと早く持ってこないと冷めて不味くなる」「なんかバサバサ」など、料理に対してのウンチクは語らないことです。
目の前で一緒に食事をしている人のことを考え、楽しい雰囲気になれるように心掛けましょう。

 

3.ガンとして驕りを拒む

 

折角「今日は驕りだから」と言っているにも関わらず、「ちゃんと働いていますので大丈夫です」とガンとして拒否して、無理矢理お金を支払おうとするのは非常に面倒臭い女性と思われます。
そこまで拒否をされるのは「絶対に借りを作りたくない」何かがあるのではと不安に思われてしまいます。
自立していてプライドの高い女性によくある行動なのですが、可愛らしく「ありがとう、ごちそうさま!」とにっこりと言えるテクニックも身につけましょう。

 

終わりに

 

デートは駆け引きが必要となります。
基本的には割り勘という態度を示しますが、その場の雰囲気を読んで有難く驕って貰うことも賢い女性の選択です。